不動産の売却で心配だったこと

ネットを参考に一戸建てと土地を仲介してもらう

すなわち、不動産会社に直接売却する方法と、仲介業者に宣伝をしてもらって個人の買い手を見つける方法です。
最悪、個人の買い手が見つからなかったら会社に直接買取をしてもらおうと考えました。
しかし、その方法だと2割程度安くなってしまうと書かれていたので、まずは仲介をしてもらうことにしました。
もう1つ心配だった点は、税金についてです。
私が保有していた一戸建てと土地は、親から受け継いだものですが、かなり昔に購入したようで価格がわかりませんでした。
価格がわからない場合には5%を取得費とできます。
一般的に、マンションなどを購入したら価値はどんどん下がっていきます。
建物は消耗品なので、年月の経過とともに価値が落ちることは宿命です。
土地のほうは消耗品なので価値はあまり変わらないそうです。
それでも、1991年頃と比べると土地の価値もかなり落ちています。
1991年頃は不動産バブルと呼ばれていた時期だそうですね。
土地の価値も大きく変動する可能性があるので、早めに売却してしまったほうが無難です。
所得税は利益に対してかかってくる税金ですので、利益が出なかった場合には納める必要がありません。
例えば、3,000万円で購入したマンションが2,000万円で売れたら、利益が出るどころかマイナスですので、所得税はゼロです。

親から受け継いだ不動産を売却したい / ネットを参考に一戸建てと土地を仲介してもらう / 売却できたが税金についてもっと調べておくべきだった / 不動産を売却しました