不動産の売却で心配だったこと

売却できたが税金についてもっと調べておくべきだった

不動産の売却不動産基礎知識

私の場合ですと、親から受け継いだ取得費がわからない土地と家でしたので、所得税がかかってしまいました。
このような点が心配でしたが、インターネットでわからないことは解消できたので、比較的安心して仲介業者に依頼をすることができました。
ネットの一括査定などを利用していくつかの仲介業者に査定をしてもらい、信頼できそうなところを選びました。
そして、2カ月後に買い手が見つかり、無事契約に至りました。
私は「このくらいの価格で売れたらいい」「最低でもこの価格でないと売れない」という金額を考えていましたが、それよりも高く売れたので満足です。

番組で、言ってないことがある。
場所にもよるが、一戸建ての方が、住宅ローンが払えなくなった時に売却した場合、土地があるので、不動産価格の目減りが少なく、多く返済できる。
場合によっては、完済も出来た。
私が仕事していたとき、一戸建ての方が回収が楽。
マンション、特に、中古は、絶望的だった

— 菅原 慶彦 (@spaking) 2010年8月20日
あえて失敗した点をあげるなら、税金についてはもっと調べておけばよかったということですね。
税金にはさまざまな特例があり、とても複雑になっています。
金額が高額ですので、納める所得税も数百万円というレベル。
もしかしたらもっと税金を節約できたのではないかと今でも思います。
税理士などの専門家に相談だけでもしておけばよかったです。

親から受け継いだ不動産を売却したい / ネットを参考に一戸建てと土地を仲介してもらう / 売却できたが税金についてもっと調べておくべきだった / 不動産を売却しました